Search


Archives

2022年10月01日

2022年6-9月

       
作者★遠藤(恵)さん
新しい世界を発見した会員さんの作品です。まるで絵本から飛び出した色鉛筆画のような柔らかいタッチ、私は好きです。右側の作品はアクリル絵の具でこの後色付けする予定でしたが、このままもいいなぁ~と思案中です。別作品でアクリル絵の具にて色付けしたジオラマ作品をブログページの方で紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。


      
作者★久原さん
直火対応のグラタン皿と青織部のお皿です。 グラタン皿は以前作ったものより大きめのものが欲しいという事でたっぷりサイズに。 青織部の丸皿は思い切ったゴッツイ口縁にした事で、シンプルだけどとても印象深くなっていると思います。 


      
作者★遠藤(佐)さん
玄関前に飾る置物としてミニチュアハウスですぅ。 こういうモノって複数あると単体とは感じるものが全然違うように思います。 見た目の存在感もですが、物語性も出てくるように思います。 食器だけでなく造形物に取り組んだ事で、改めて土の特性を考えるきっかけにもなると思います。 何より楽しんで下さいね。 

2022年06月02日

2022年4~5月

  
   作者★木林さん
この焼き締めの“タマネギ″すっごくイイです!めちゃ気に入りました!吊るすタイプの植木鉢です。多肉植物は間違いなく似合いそう。植え込まれた状態を是非見たいものです。 写真(右)はフルーツバスケットとして使用予定だそうです。
 


       
 作者★遠藤(佐)さん
キッチンで調理中に使用する箸立てとなります。 生肉生魚に触れた箸・油が付いた箸・盛り付けをする箸、ちゃんと分けてると箸だらけに・・・ そして置き場所がぁ… 日々の生活からの「あったらいいな」を自作されました!
  作者★久原さん
続けて3個の急須を作られ、少しづつ改良されていたようです。小振りな急須で中国茶を楽しまれているそうです。 一流の職人が作った急須は勿論考え抜かれていますが、この急須はそれにも勝る点がある と、私は思います。 


  
  作者★遠藤(恵)さん
写真(左)はカップ&ソーサー、写真(右)はコンロとミニ土鍋です。 コンロと土鍋は直火使用OKの土を使用して作っています。土鍋の蓋は既に所有の木製のモノを使う前提で口径を合わせて作られました。この一年で絵付けの腕前が確実に上がりました、素晴らしい集中力です! 
 


  
  作者★大谷さん
このページでは基礎コースの課題作品はほぼ紹介していないのですが、こちらまだ基礎コース会員さんの作品となります。 左は化粧土掻き落し技法による麺鉢、右は刷毛目碗となります。写真だと刷毛目は見えないですが、ぽってりした志野釉の下に化粧刷毛目が施してあります。 搔き落しはゆっくり作業していられないので、細かい図案は乾燥とも戦いです。とてもお上手です(*^-^) 
 

2022年03月15日

2022年1~3月

       
作者★遠藤(佐)さん
白と黒の手 いいなぁ~(*^-^) 単にオブジェとしても勿論、アクセサリー置きとしてもいいかも・・・ でも作者ご本人はアートフラワーの花器として制作されました。 写真右の片手の方も同様。 ドアノブにしたら面白そう(*^m^*)  筒型の2作品は菜箸立てとして作られてものです。 


      
作者★松原さん
少しご紹介の時期がずれましたが写真中は今年の干支 寅 の置物です。この後マニュキュアで模様を入れる事になってます。(しかしよう肥えとんなぁ…) 写真右はこの会員さんにとって初の電動ろくろ作品です! 当初削りの練習も必要だからと余り乗り気でなかった作品だったのですが、焼き上がりを見てご満悦 良かった良かった(^^) 


       
作者★久原さん
写真上は小振りな急須と汲出し湯呑 いわゆるお煎茶サイズでしょうか。この湯吞ならお茶の色が映えるでしょうね。  写真下はミカン?の箸置きです。ミカンの中は空洞だったり貫通してたりなんですが、粘土を刳り貫いた訳ではなく発泡スチロールの芯を粘土でくるみ、後で発泡スチロールを溶かしました。 
  作者★佐々木さん
こちらの会員さんの食卓はきっと・かなり・ぜったい楽しいハズ。これまでの作品を拝見してきて間違いないです! 加えてご家族の日常を伺っていると、お笑い芸人並みの日常会話・・・ 最強です。 


      
作者★奥上さん
いつも面白い釉薬効果を求めて色々探求中の会員さんですが、小さい写真でしかご紹介できないのが残念です。どれも表面の質感だったりモアッとした色がたのしいです。タコさんウインナーは弁当に入れてもバレないレベルです。窯から出す時に笑ってしまいましたヾ(≧▽≦)ノ 因みにこのアイデアの素は奥様だそうです ナイス! 


       
作者★仲辻さん
織部釉の向こうに透けて見える白い花びらの様な模様、四つ葉のクローバーにも見えますね。土は黒泥土を使用し、スポンジに白い化粧土を付けてスタンプ。当教室の織部釉は掛け方によって、緑の中に青味が出る様な調合なので、その効果を考慮して青味の配置を調整しました。 
  作者★遠藤(恵)さん
今回は絵付け部分には釉薬を掛けず、絵具のみの発色で仕上げられました、これもイイですね。使用した釉薬は黄瀬戸釉Bです。 



      
作者★木林さん
写真右は吊るして使用する植木鉢で下方に2か所水抜きの穴もあります。 写真左も植木鉢でぐい呑みより少し大きい位のサイズです。多肉植物を入れてたくさん並べるという計画だという事。 真ん中の四角いプレートは直火対応の粘土で作ったもので、食卓に運んでから冷めてほしくない料理を熱したこのお皿にのせて出すための食器です。ご本人曰く 餃子には必須との事。 娘さんが気に入って自分の家にも欲しいとの事で、現在二号機を製作中! 

2021年10月28日

2021年5~8月

  
  作者★奥上さん
不思議な表情の釉薬を求めて今回も探求中。同じ組み合わせでもちょっとした加減で、全く様子が違ってしまうものが多いです。 そこが難儀なとこでもあり、面白いとこでもあります。 もちろん本職になれば、再現出来ないものは意味を持ちません。 
 


  
  作者★遠藤(佐)さん
前回も紹介させて頂きましたが、練り込み技法での作陶を集中して練習されました。 今回は3種類の土を使ったストライプ柄のお皿です、絵具や色釉は一切使っていません。 写真右と左で色合いが違うのは右が還元焼成、左は酸化焼成だからです。 土の色だけでシンプルなストライプ柄・・・それでこんなに素敵なお器が出来るなんて ヽ(*'0'*)ツ 
 


  
   作者★木林さん
写真左は辰砂釉のリム皿、写真中と右は特殊耐熱土による直火可能なお皿です。オーブンなどで直接食材をのせての調理もできますし、作者さんは餃子など焼きたてアツアツ料理を あらかじめ熱しておいたこの皿にのせて食卓へ出すそうです。 家族への心遣いが凄いですね。
 

2021年07月06日

2021年1~3月

       
作者★遠藤(佐)さん
タタラ作りによる大小セットの組皿です。 オシャレ~、好きです! 大皿の中に1~数個小皿を配して使うもよし、完全に別々に使うもよし。 ちなみにこの作品の自宅デビューはおせち料理だったそうです。絶対映える!すんごくイイ( ̄▽ ̄)b グッ! 
  作者★奥上さん
徳利と茶碗です。 どちらも黒泥土で使用、釉薬は茶金釉とチタン乳白釉の部分二重掛けです。茶碗の白いトロッとした部分は釉薬ではなく化粧土です。 化粧土は素地の乾き加減や素地との収縮率の差で剥離してしまう事もありますが、今回はシッカリ密着しているようです。 


      
  作者★久原さん
今回ご紹介の3種の作品は全て釉薬は同じですが、土が違うため発色に違いが出ています。 釉薬はトルコ青マット釉、人気の高い釉薬です。写真が小さくて分からないですが、還元焼成でキラキラした結晶が析出する事があり、色調にアクセントを加えてくれます。 今回は写真左のリム皿に特に多く出ています。 
 


      
  作者★藤井さん
左は鍋敷き、右は・・・? これは正解出ないです、答えはザリガニハウスです (^∇^)  鍋敷きはテーブルセンターとして普段から出しっぱなしにしておけるモノを、というコンセプト。 ザリガニハウスは水草の間に縦横無尽に配置して無事入居してくれたそうです。 
 


       
作者★仲辻さん
なんか黒い土ブームみたいですが、こちらも黒泥土ですね。 釉薬は織部釉に白萩釉を部分的に二重掛け。 写真では伝わりづらいですが、黒でもなく緑でもなく所々に青味が出ていて、教室でも人気の組み合わせです。 ちなみにこの作品は余った時間と土でチョイチョイって感じで作っておられました Σ(・□・;)
  作者★遠藤(恵)さん
初心に立ち返り飯碗を繰り返し作られる方はとても多いです。やきものの世界には「飯碗に始まり飯碗に終わる」という言葉もあるそうです。 飯碗はそれだけ日本人にとって最も身近でもあり、使用頻度も高く奥深いものなのでしょう。 お気に入りの飯碗なら米もさらに旨く感じる事でしょう。 


      
  作者★遠藤(佐)さん
ご紹介の作品全て練り込み技法によるものです。こちらも写真が小さくて申し訳ないのですが、右写真の下側3つは色の付いた釉薬を掛けていますが、それ以外の作品は透明釉のみです。つまり格子柄やストライプ柄は土の色だけで表現しています。 写真左と中は白土と赤土の2種類ですが、右の写真作品はご自分で土をブレンドして5色のグラデーションを作り出しました。根気のいる作業です、おつかれさまですっ! 
 

2020年12月29日

2020年10~12月

しばらく作品紹介の更新が滞ってしまい申し訳ありません
約3ヶ月分まとめて紹介させて頂きます 

  
作者★奥上さん
いつも様々な技法を模索している会員さんです。 今回も釉薬の掛け方に工夫を凝らして一味違う焼き上がりを目指しました。 いつも紹介の写真が小さくて申し訳なく感じています、表面の表情がなかなか伝わりづらいですね。 


作者★松原さん
焼き上がりの直径で36㎝、成形段階では41㎝以上だったはず・・・頑張りました! 無事 傷一つなく焼き上がりました。 これからメダカを飼おうかという計画があるそうで、ではメダカ鉢を作ろうという事になりました。あまり暗い色の釉薬だとメダカが見えづらいかな~などと想像しながら選んだのは黄瀬戸Bでした。 



  
作者★遠藤(恵)さん
カップ&ソーサーのSET品ですね。写真左は緋襷による焼き締め、作品にワラを巻いて焼成することで素地の鉄分と反応してこの緋色が出ます。 写真中と右は部分的に化粧土を掛け、そこに絵付けを施した作品になります。値札が付いていても違和感無いかも( ^ω^)・・・ 


  
作者★佐々木さん
いつも一目で作者が判る絵のタッチですが、写真左はこれまでに描いてきたオリジナルキャラクター勢揃いのオールスターバージョンだそうです。マーベルコミックみたい・・・(笑) 渦巻き模様のお皿は何故か存在感がすごかったです。指を突っ込みたくなる魚のオブジェも独特です。 

2020年08月20日

2020年8月

     
作者★遠藤(さ)
松の盆栽・・・・by陶器 です。(*^-^) これはまだ100%完成ではなく、今後根元を苔で覆うそうです。松葉と苔はアートフラワー用の素材を使います。 写真が小さくて分かりづらいですが、松の幹表面の樹皮感も上手に表現されていますね。 右側の写真は焼き上がった時の幹だけの状態です。 岩のようなものもありますね、これも今後変身していくそうです、楽しみです! 


      
  作者★木林さん
写真左は見た目は手付きカップですが、用途は多肉植物用の植木鉢となります。 写真中 こちらはタタラ技法による丸皿ですが、中央にレースの柄を写し取った凹凸ががあり、そこに釉薬が溜まり柄がもう少しはっきり出る予定でした。私の予測ミスで思ったほど柄が浮き出ませんでした、ごめんなさい m(__)m  写真右は何とも不思議な色合いの鉢でした。 
 


      
  作者★久原さん
炭化焼き締めのカップです。 過去にも何度かこの焼成方法に挑戦されています、今回は内側だけ釉薬を掛けての挑戦。外側は薪窯焼成風に仕上がるように炭や籾殻を調整しました。 バッチリ成功です! 写真右が窯から出した時の状態です。サヤ鉢という耐火物の箱に入れて焼きます。サヤ鉢には色々なサイズや形があります。 
 

2020年07月09日

2020年7月

      
  作者★奥上さん
これまでも成形技法が同じシリーズものとして作ってきた張り合わせタタラ技法で今回は長深皿。貫入青磁が窪みにイイ感じで流れ込んで、程よい凹凸感になりました。 左下のカップとぐい呑みは釉薬の二重掛けによりキレイな筋状の文様が出ました。 
 

2020年02月16日

2020年2月

      
  作者★遠藤(恵)
他の会員さんから「えっ!この絵付け 生徒さんの作品なんですか?」の声が… ホントお上手ですよね~ (^^)  つくづく思い知らされます、一所懸命は伝わる と。そして努力は才能の一つだと。決して最初から上手くいくはずもなく、何度も何度も考えながら挑戦し続けると、その先に光が・・・ プロでもアマでもそれは同じようです。私も頑張ろっと o(*⌒O⌒)b 
 



       
作者★遠藤(佐)
こちらも置物です。家形で二階建てで、屋根の三角から何やら動物の顔が・・・ 中はどうなっているのか覗く事 必至ですね。 こちらの作品は今後バージョンアップしていく可能性があるらしいです、楽しみです (*^m^*) 
  作者★田中さん
ちょっと焼き上がりが遅くなりましたが、今年の干支 ネズミの置物です。 下のプレートも陶器でチーズのイメージで作られました。チーズが香ってきそうです。 ネズミはこの後、アクリル絵の具で目鼻を描くそうです。 


 
      
  作者★佐々木さん
写真左は作者さんにとってごくフツーの図案のお皿。 写真右は置物ですが、さてさて・・・何の? そうです!フクロウです! ( ‥) ン?   これも作者さんにとってはごくフツーのフクロウのようです。現在お気に入りでキッチンに鎮座との事です。 
 

2020年01月04日

2020年1月